空間を大切に

帰宅した子供

住居を選択するにあたって、一戸建てにするかマンションなどの集合住宅にするかは、誰もが迷う選択の一つです。住む地域や家族構成によっても必要な設備、間取りが変わってきますが、一戸建ての魅力は何よりその自由さと、プライベートな空間を大切にできるという点にあります。戦後復興の中で国民金融公庫が設立され、一般庶民でも住宅ローンを使用し、一戸建てを購入することが一般的になりました。また建築基準法が制定され、住宅建設におけるインフラの整備が進み、分譲住宅などの建設が進んだのも、一般庶民の住宅購入を後押ししました。そして鉄道の開発と共に、駅を中心に分譲住宅が立ち並ぶ新しい住宅地が形成され、経済成長と共に一戸建ての戸数は増えていきました。

首都圏の周辺に位置するベッドタウンを中心に、飛躍的に発展を遂げた日本の住宅地は転換期を迎えています。社会の高齢化と人口減少が重なり、空き家となる一戸建ても目立つようになってきました。とはいえ都市部での住宅ニーズは高く、マンションを購入した人でも一戸建てに住みたかったというニーズは多くあります。とはいえ土地が少なく価格が高いため、一戸建てを購入するハードルは依然高いままです。そこで今後のチャンスとなってくるのは、狭いスペースを上手に利用した狭小一戸建てです。狭くてもスペースやデザインを工夫することで、マンションよりも快適な空間を手に入れることもできます。また住宅の独立性により、プライベートな空間を持てるのが何よりの魅力です。